FAXのインク切れた最悪…。なんでFAXなの。なんでFAXを利用するの。いや、FAXを使うことが嫌なんじゃなくて。FAXを流す時に聞こえる ピー・ガーという音は情報そのもの。 「ガー」を録音しておいて、 別のFAXに聞かせると同じ紙が出てくる。自分では「きちんとFAX送った」って思ってたわけね。そしたら、取引先から電話あって、「FAXが白紙です」って。たまにDの待ち時間を家とかでみてると夢が膨らむ、ディズニー大好き。レストランとかもいっぱいあるから仕入れとか経費も担当。FAX発注おくったり納品書をパソコンに打ち込んだり。夜でもおっけーらしいから、今FAXおくれば間に合う。うちの職場もFAXくるたびにゆっくりが電話番号おしえてくれる。そんな壮大なテレビのナレーターやってんのか。最近老いてるから、FAX番号血眼になって確認してチケット送ってる。

勤務表本部にFAXするの忘れた。明後日FAXしに行くしかないな。周囲がアソホラで大盛り上がりの中、ウチでは王様の休日のクレジットカード払いFAXの件で大盛り上がり。メールで送るよりは安全かもしれないけど、何で暗号化仕様の専用フォームないのか。海外とやり取りをしているのだろうか。明日事務所2人でどーやって回すんだろ。ひたすらFAXの処理で役に立つしかないかな。午後からはどうするのだろう。まったく想像できない。会社でも流行ってるみたいなFAXが来た。雑誌とかにもわりと乗ってるかも。ブラジリアンビキニだったような。指原24時間テレビみた。その後、薔薇色のブーコみてきた。映画館で笑いこらえるのが大変なぐらい面白かった。指原24時間テレビで送ったFAXが2通ともよまれて、ビックリ。