FAXでびろーんと送られてきた仕事の指示書を一ページずつカットして纏めるのを老父はめんどくさいことやらせるなと怒りつつ「自分の仕事」と思ってる様だから、今回GoogleのHelloFAXを使ってメール添付のpdfで届いたのをパソコンからFAXの機械に送ってみた。BIGL0 BE解約するんで書類を出してきたら14年前のFAX発掘。重すぎ添付ファイルのせいで他のメールも全部DLできなくなった時のサポートからのお返事「TELNET接続でPC-VANを使ってメールを表示してください」。懐かしいPC-VAN。あれじゃあ年寄りには使えないよな。家にネット回線もPCもないからテレビもダメだし、タブレットでも買ってあげればいいのか。年寄りにはやっぱり電話とかFAXだよな。昔はオンラインじゃないし、パソコンとかそんな普及してないし、せいぜいFAX。そんなオヤジ世代と今を比べるなんてナンセンスって誰かかが言ってた。

ミリオン☆ナイツをこっそり聞いてみた。電話機の子機を隠し持ち、ガンガン電話しまくった。親の見ていない隙にFax送り、メッセージが採用されて、ステッカー届いた時は嬉しかったな。ステッカーは小学校の修学旅行のまとめの表紙に貼った。最初はFAXで、値段とかの行くえを見ながら締め切り日のギリギリの時間に球場で申し込んでみた。FAXついでにやろうとしたのに、なぜかエラー出て未遂で終わった。どうせ怒られるなら2回でも3回でも一緒だ。常務がシフト出来たら勝手にFAXでくる。常務のやる気次第。