BizFAXはインターネットFAXですが、2種類のサービスに分かれています。スマートキャスト型とストレージ&リモート型です。
申し込むサービスによって現在の業務がより便利になりますが、サービス導入の際には料金だけではなく、トータルコストで比較する必要があります。
BizFAXのスマートキャスト型はある程度の規模がある大手法人向けのサービスで、FAX送信にかかる費用は接続方式に関わらず1枚ごとに課金されるシステムです。また送信時間帯によって料金が変わるので、自動配信を行っている企業であれば夜間にFAXが送信されるように設定するのがおすすめです。初期費用が無料で、月額料金がかかりますが、閉域接続型の場合は月額使用料が送信スピードによって違います。セキュリティ重視であればスマートキャスト型を検討するといいでしょう。
BizFAXのストレージ&リモート型は、中小法人であってもインターネットFAXが必要という企業におすすめです。WEBサイトからの申込みの場合初期費用が無料で、送信料も安いため、気軽にインターネットFAXの導入を考えていればおすすめです。月額使用料も安く、送信料は通信時間(通話時間)ごとで通常の電話回線を利用したFAXと何ら変わることがありません。受信料は基本無料ですが、受信番号にフリーダイヤルなどを設定している場合は別途通信料金を負担する必要があります。